ふるさと納税とは

ふるさと納税とは

自治体に寄付をしたときにその寄付金の一部が控除されますが、ふるさと納税は原則として、寄付をした自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

ふるさと納税した人としない人との違い

その一例をご紹介します。

下の図はふるさと納税をしない人(A)と、した人(B)との比較をしています。
例えば、年収600万円の人は納税がおよそ180万円です。

       Aさん             Bさん 

1年目(2017年)にBさんはふるさと納税(68,000円)をしました。

この年の納税額は、Aさんが180万円、Bさんは186万8000円となり、68,000円多く納税していることになります。

翌年(2018年)の納税は、Aさんは180万円、Bさんは前年に68,000円の納税をしましたので、ふるさと納税の2,000円分を引いた66,000円は控除(支払わなくてもよい)されます。したがって、この年の納税は173万4000円となるわけです。

これを2年間で見てみますと、Aさんは360万円、Bさんは360万2000円となります。

Bさんはふるさと納税分の2,000円多く支払っていますが、その代わりに66,000円の寄付金のお陰でいろいろな返礼品がもらえます。

60,000円程度の返礼品

例えば、私たちの食べ物で考えてみましょう。

兵庫県産神戸ビーフ 特選カットステーキ 〔100gx8〕 30,000円
佐賀県産豚肉セット〔2.6kg〕 10,000円

若狭米コシヒカリ〔15kg〕 10,000円
長崎県産 温州早生みかん(ご家庭用)〔10kg〕 10,000円

これで60,000円。この金額の寄付をすれば、翌年度たった2,000円の納税をするだけで、60,000円の控除がありまた、返礼品もいただけます。
(返礼品は翌年に届くわけではありません)

残念ながら、Aさんはふるさと納税をしていませんから手に入りません。

これって、かなりお得じゃありませんか?

寄附のしかた

寄付の仕方は、2種類あります。
「ワンストップ特例制度」か自分で「確定申告」をするかのどちらかです。
簡単に説明しますと、

1.ワンストップ特例制度を利用する
自治体に申し出る必要があります。特例申請書と各種書類を寄附先の自治体へ郵送して下さい。郵送期限がありますので注意してください。できなかった場合、自分で確定申告することになります。
ワンストップ特例制度申請用紙は総務省ページにあります。

2.自分で確定申告する
ふるさと納税 確定申告】をご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/haruwaka/satesate.net/public_html/wp-content/themes/simplicity2-child/footer-insert.php on line 3